佐藤テストページ

コンセプト⦆
 

発達障害は、今や社会で注目される大きな問題となっています。
しかし、本当に発達障害の子どもが増えているのでしょうか?

関係図

コミュニケーションを避ける現代の傾向の中で、周囲の子どもや
大人のコミュニケーション力はどんどん退化していき、
これまでは、優しく包み込まれていた子どもたちの環境は、
どんどん居場所を追いやられている気がします。

発達障害を理解するためには、発達障害の知識だけでなく、
コミュニケーション、カウンセリング、そしてそれを支えるコミュニティが大切です。
発達障害児者が努力してこの世界に適応していくのではなく、
 
子どもたちが一人ひとり、ありのままで
            受け入れられる世の中を創りだす。

      発達障害を学ぶ

一般社団法人 日本医療福祉教育コミュニケーション協会では、発達障害を学び、
そして支援者(医療、福祉、教育関係者)や保護者などのコミュニケーション力を高めるべく、
発達障害コミュニケーション指導者』『コミュニケーション検定』『メンタルトレーナー資格』などの認定資格を中心に学びのネットを創りあげてきております。

さらに、コミュニケーション検定を学び続けることによって当協会ではコミュニケーション検定の各級講座の
講師として担当可能な『初級認定指導者』、『中級認定指導者』、『上級認定指導者』を
育成しています。

コミュニケーションを学ぶ

皆様も同じ方向を向いて発達障害児者の支援の為に、
そして私たち自身のコミュニケーション力のアップに
向けて、全国の各種認定講習会にご参加ください。

 
 

コンセプト⦆

発達障害についての公的な認定資格はこれまで存在しませんでした。支援者が増えていき、正しい知識と支援方法を獲得する援助を行い、支援者の区別化と利用者が支援者を選べる仕組みづくりが必要と考えています。

発達障害コミュニケーション指導者認定
発達障害に関する基礎的な知識の習得と関わりの基本から個別・集団支援の計画作成、相談業務・指導まで、初級、中級、上級指導者の3段階が用意されております。
臨床に近く、普及啓発・支援職員のレベルアップできます。

ここでは、一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会(AMWEC)認定 
発達障害コミュニケーション指導者』資格が取得できます。

発達障害コミュニケーション指導者のページへ
 
 

コンセプト⦆
 
発達障害を理解するためには、発達障害の知識だけでなく、コミュニケーション、カウンセリング、そしてそれを支えるコミュニティが大切と考えます。

コミュニケーション

相手との関係をより良くするコミュニケーション技術を身につけることにより、自分も相手も変えられようになります。
また、人を惹きつける話し方や会話から変化を持たせれる方法など、コミュニケーションについて幅広く学ぶことができます。
ここでは、一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会(AMWEC)認定
コミュニケーション検定 1~5級』資格が取得できます。
 

コミュニケーション検定のページへ
 
 

コンセプト⦆
 
スポーツや仕事といった様々な分野から注目されているメンタルトレーニング。不安や緊張からくる精神面を
コントロールできるように心理的な援助を行うことができる人財が必要と考えます。

メンタルトレーナー

教育・スポーツ・芸術 いかなるシーンにおいて、
モチベーションを維持し最大のパフォーマンスが得られるように心理的なサポートを行うことができるようになります。
 
ここでは、一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会(AMWEC)認定
メンタルトレーナー』資格が取得できます。
 

メンタルトレーナーのページへ