コミュニケーション検定

コミュニケーション検定とは、コミュニケーションの実践力を評価検定する専門家集団が作り上げた信頼性の高い検定です。実践的な講習とセットになっており、講習を受けるだけでもコミュニケーション力が アップします。検定は、5級から1級まであり、順次検定を受けることにより、基礎からコミュニケーション力を身に付ける事ができます。

コミュニケーションの基礎理論はNLP(神経言語プログラミング)、家族療法、催眠療法、ゲシュタルト療法、アドラー心理学などの実践心理学を基盤とし、実践については専門家の臨床経験とこれまでの医療、福祉、教育の現場で効果が実証された内容を反映しております。AMWECのコミュニケーション検定はカリキュラムの各級講座を修了し、その習得度合いを検定基準に準じて認定するものです。

講座を修了し、検定基準を満たした受講者へはAMWECジャパンが認定証を発行します。

5級認定講座

相手とラポールが取れるコミュニケーションの基礎を理解している。

習得項目 ①コミュニケーションの成り⽴ちについての理解・体験
・⾔語・⾮⾔語コミュニケーション・カリブレーション(視覚・聴覚・体感覚)
②ラポールの成り⽴ちとその技法について理解・体験
・思いこみの効果(スキルではなく、あり⽅が⼤切)
・バックトラッキング、ミラーリング、ペーシング
③感覚優位性について
・視覚、聴覚、体感覚優位性についての理解
④ポジションの理解とポジション体験
・⾃分⾃⾝、相⼿、第 3 者の3つのポジションを理解
・ポジションの違いを体験
⑤レポート(800 字〜1200 字)
講習日数・時間           1日、5時間以上

4級認定講座

コミュニケーションの基礎となる知識を習得している

習得項目                     ①コミュニケーションの成り⽴ちについての理解・体験
・⾔語、⾮⾔語コミュニケーション、カリブレーション(視覚・聴覚・体感覚)
②ラポールの成り⽴ちとその技法について理解・体験⇒テキスト対照ページ
・思いこみの効果(スキルではなく、あり⽅が⼤切)
・バックトラッキング・ミラーリング・ペーシング
③感覚優位性について
・視覚、聴覚、体感覚優位性についての理解
④ポジションの理解とポジション体験
・⾃分⾃⾝、相⼿、第 3 者の3つのポジションを理解
・ポジションの違いを体験
⑤アンカリング効果についての学習と実践
・視覚、聴覚、体感覚
⑥⽬標設定の適切な仕⽅と援助について学習と実践
⑦肯定的意図・リフレームについての学習と実践
⑧研修レポート(1200 字〜2000 字)提出 (講座終了後1週間以内)
講習日数・時間           2日間、12時間以上

3級認定講座

コミュニケーションの基礎となる知識技法を習得したもの

習得項目       ①速やかなラポール形成の⼿法について
(適切なアイコンタクト・VAK の⼀致など)
②速やかなアンカリングの形成について
(視覚・聴覚・体感覚を使ったアンカリング)
③⽬の動きなどから得られる情報収集について
④問題の詳細な内容聞き取りの仕⽅について
・視覚聴覚体感覚,現在過去未来、1 ⼈称 2 ⼈称 3 ⼈称、
ニューロロジカルレベルなど
⑤サブモダリティを変化させることについて(⽅法や効果について)
⑥相⼿のポジションや第 3 者のポジションに⽴つことについて⽅法や
意義について
⑦ストーリーを語ることによって相⼿に及ぼす影響について
⑧感想と気づき
講習日数・時間 4日間、24時間以上
研修レポート(1200 字〜2000 字)
提出
講座終了後1 週間以内
筆記試験 講座終了後、試験日を設定

2級認定講座

コミュニケーションの基礎となる知識技法を習得し、自在に使用できる

習得項目 ①ビリーフチェンジについて(ビリーフチェンジなど)
②葛藤の処理について(インテグレーションスキル)
③意欲の向上や先延ばしパターンの切り替えについて
(RAS能⼒プログラムなど)
④アレルギーなど各種症状や癖の改善について
⑤トラウマや過去で作ったビリーフの変更など
・フォビアプロセスやリ・インプリントなど
⑥習慣を変化させることについて(⽅法や効果について)
⑦感覚の調整について
⑧リソースとアンカリングについて(7 リソースアンカリングなど)
⑨感想と気づき
講習日数・時間 4日間、24時間以上
研修レポート
(1200 字から 2000 字)
提出
講座終了後、1 週間以内
筆記試験 講座終了後、試験⽇を設定
⾯接⼝頭試問試験(筆記試験合格者) 筆記試験終了後試験⽇を設定

1級認定講座

コミュニケーションの基礎となる知識技法を習得し、状況に応じて、自在に使用応用できる。
また、どのような事態においても揺るぎのない自己を維持できる。

習得項目 1.リーダーシップについての内容
①⾃分⾃⾝の中⼼を維持し、揺るぎない⾃分を作る
②マインドフルネスについて
③リーダーとしての部下への労り、エンパワーメント
④相⼿への適切な情報伝達の⽅法について
⑤チームワークの創⽣について
2.⼼理的な地理学について
①適切な距離の取り⽅
②⼼理状態を規定する座席位置など
3.クレーム処理とトラウマ処理について
①サティアカテゴリーの活⽤
②態度とステートの管理について
③クレーム対応へのチームワークについて
④会議やグループミーティングの有効な進め⽅について
⑤ユーモアの活⽤について(PCW など)
⑥有効なプレゼンテーションの仕⽅・相⼿の⼼を掴むスピーチの仕⽅
⑦その他
講習日数・時間    6日間、36時間以上
筆記試験 講座終了後、試験⽇を設定
⾯接⼝頭試問(筆記試験合格者) 筆記試験終了後、試験⽇を設定
実技試験 10 種類のストレス下の
状況からランダムに選んだ2 種類の
ストレス状況を経験し、
その対応を採点評価
(例:クレーム対応・
会議での紛糾対応・
規定プレゼンテーションなど)
⾯接⼝頭試験終了後、試験⽇を設定

コミュニケーション検定資格認定規定(平成26年5月17日から施行 pdf形式ファイル:314kb)